2016年01月22日

英会話・英語が上達した方法♪



〜英会話・英語が上達した方法♪〜



私は翻訳もしていることもあり、時々、
どうやって英語が話せるようになったの?
聞かれることがあるので、思いつくものをまとめてみました。


渡米一年目にやったことが中心ですが、
英語に限らず他の言語習得にも当てはまると思うし、
日本でも、習得したい言語環境は気合いで作れると思う!
ので参考になれば嬉しいです。

(そういう自分はドイツ語・フランス語はどうした・・・なんですが・・)



前置き〜当時の私の状況

渡米前のレベルは、英検2級は持っていたけど、車のFMから流れているのが、
交通情報か天気予報なのかわからないようなレベル・・。

英語は好きで上達したい気持ちは昔から強かったものの、
差し迫っていなかったこと、
まずは独学でやってみたかったため、
英会話ができるようになったのは、渡米してから1〜2年。

2年目からは、だいたいのことはわかるようになり
コミュニティカレッジの英語クラスも受けることができました。

って、超スローペース? 大汗。


もしお仕事などで英語がすぐに必要な場合は、
やはり学校や個人レッスンなどで、
先生から必要なものを集中的に学ばれるのが一番早道
だと思います。


その言語に触れる環境をとにかく増やしてインプットしつつ、
家で話す、学校に行く、
などでどんどん使ってアウトプット



最近はオンラインで、好きな時間に受講できるものも多いですよね。
先生がいることでモチベーションもキープしやすい
と思います。



では独学編いきます〜


☆ とにかく英語のTV、FMをつけっぱなし。クッキング中なども

最初は特に子供向け番組がよかった 笑。

子供番組なので、聞き取れる確立が高く、ふと聞き取れたり、
あ、こういう時はこう言うのか!とわかると、
その嬉しさがモチベーションアップ
になって。

日本でもネットで英語のFMが聞けたり、できそうですね。



文法書を一冊おさらい

やったことあるのでも、新しく買ってきたものでもいいのですが、
とりあえず一冊さくっとやってみると、
文法的なことが頭の中でクリアになっていいですよ。




最初テレビは字幕付きでみる

もちろん会話を耳で聞いて理解できるのがベストですが、
最初の頃は字幕を見ながらの方が、

テレビの内容もなんとなくわかって楽しめるし、
生きた英語に触れられて、私にはかなりよかったです。


こういう時はこう言うのか、とか
この単語みたことあるけどなんだっけ?と復習になったり、
聞き取りながらライブな英語に触れられるので、お勧めです。

テレビの字幕がない場合や国内環境なら、
映画やドラマなどのDVDで。

一度見た映画なら、英語が頭に入ってきやすい
です。
DVDなら使えそうなセリフをメモできるので使えますよ!




外人と話す時は、言いたい単語がわからなくても、とにかく思いついた言葉を発する!


これもすごく大事です!
何か話さないと相手も助け舟が出せないんですよね。

何か言えば、あ、それってこれのこと?それとも・・?って
なんとか会話が進んでく
し、ある意味クイズみたいで楽しかったり、です^^
(もちろんお仕事の場合は、単語を覚えて行かれた方が良いですが・・)

最後には、出てこなかった単語がわかって、きっと忘れないと思います。




とにかく人が話してるのを聞いて、こういうシチュエーションではこう言うのか!というのを増やしていく

タイプにもよるのですが、私は耳から入って覚えていくタイプみたいです。

聞いて、あ、この表現こういう時に使うのか、
と頭にインプットされることで、
自信を持って使えるように
なった気がします。




目についたもの、心で考えることを、とっさに英語でどんどん言ってみる


例えば今、お菓子の箱に描かれている、
沢山の人がお城に入っていく絵、を今見ていたとすると、

There are lots of people entering to a huge castle.

とか、すぐに言えるかどうか言ってみる。
これはすぐ言うことに慣れたり、ボキャブラリーの練習になると思います。




好きな洋楽を覚えて歌ってみる

これは実際どれだけ役に立ったかわからないですが、
当時洋楽にハマってたので、使えそうなフレーズや単語を
気分転換に楽しく覚えるのに良かったかな。




独学以外では、

語学学校に通う、個人レッスンを受ける

学校は、先生や勉強仲間がいる楽しさに加えて、
レッスン時間中や宿題など、英語に触れる時間がイヤでもぐっと増えるので、
上達はやはり早い
です。


上にも書きましたが、
最近はオンラインで、好きな時間に受講できるものも多く、
スクールで学びやすくなったと思います。
先生がいることでモチベーションもキープしやすい
と思います。


きっとレッスン直後に、
さらっと外国語が出てきて自分がびっくり!
な日も早く来ると思いますよ〜


ちなみに私のドイツ語は、、学校に合計9ヶ月くらい通い、
家でドイツ語を話すようになって、やっとこ上達できました。。
(何年かかったやら・・)



と、今思いつくのはこんな感じです〜。


最後に、ひとつちょっと良いお話^^。

自分の国の言葉を話そうとしている外国人にはみな寛大です!

少なくとも私がいたところでは、一生懸命聞いてくれようとする人が多かったし、多いです。


以前、「私、まだドイツ語はあまり話せなくて・・・」と言ったら、
心配ないよ、だって僕なんか日本語何も話せないんだから。
君のドイツ語の方が断然上手だよ
」って言われたことがあります。


とっさにそんなやさしい配慮ができるなんて、と感動しちゃいました
日本人からすると、そういう発想ってあまりないですよね!


聞こう、理解しようとしてくれて、嬉しいですね。
なので、勇気を出して話してみちゃいましょう☆



日本人にとって英語ってハードルですが、他の言語に比べると、
変化も少ないし、名詞の姓もなく、そう言う意味では学びやすい言語なので、
お互い頑張りましょう
私もドイツ語とフランス語頑張ります〜。


最後まで読んでくださってありがとうございました










posted by Alice at 02:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英会話が上達した方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

海外生活 準備 クレジットカード・キャッシュカード

海外でまず必要なのは、
どうやってその土地の通貨に換えるか、ですよね。


海外生活が、どのくらい長くなるかによりますが、

私が持っていてとても重宝しているのは 2 つあって



海外のATMで使える銀行のキャッシュカード


例えば私は、新生銀行のキャッシュカードを持っています。

これは、海外のATMでも、日本のATMのように、

自分の口座から引き落とされ、その土地の通貨で
引き出せるものです。

ただし約4%(確か)が手数料としてとられます


それでも、大金を持って飛行機に乗ったり、

手数料の高い海外送金を考えると

(郵貯は確か2500円〜、通常の銀行だと5000円は下らないかと)

やっぱり便利!です。


ちなみにPLUSマークですが、海外の主な銀行に設置してあるATMに、ほぼついてると感じます。
(困ったことないです)



あと、当然ながら持ってて安心・便利なのが、

クレジットカード

ベルリンでもクレジットカードが使えるお店が大分増えました。



フランス(パリ)
は、スリが多いため現金は小額だけ携帯し

クレジットカード払いが普通なので、

ほぼどこでもクレジットカードが使えます。

(スーパーで2ユーロのお買いものとかでもOK)


アメリカも使えるところ多かったです。


ネットでの買い物、オンライン申し込みなど、どうしても必要なときもありますよね。



また、海外旅行の場合は、

クレジットカードで海外旅行代金を支払うと

年会費無料のクレジットカードで

海外旅行保険がつくものもある
ので(*)

いろいろ調べてみると良いと思います。


(*)カードを持っているだけで

海外旅行保険が利用できるものと、

旅行代金をクレジットカード払いで支払うことが

海外旅行保険適用の条件のものがあるので、

旅行前にチェックですね。




ちなみにクレジットカードを作る場合、

新規入会の特典(キャッシュバックやポイントバック)や、

キャンペーン期間中の入会でさらにお得、

ポイントをマイレージに移行できるなどなど、

そのカードのメリットをどのくらい利用できそうか、

いつ申し込むか、などでお得感が変わってくるので、

いろいろと調べる時間を取られると良いと思います!





例えばですけど、ご多忙な上に海外出張に頻繁に行かれる方は、

もしかしたら年会費があるものでもでも、

毎回ラウンジで貴重な時間を確保できたり、無料のスーツケース自宅配送など、

忙しく疲れている体のためには、必要なサービスかもしれないですよね。





もちろん油断してカードで買いすぎは禁物ですけど、

特に海外に行く際、使うつもりがなかったとしても、

クレジットカードが一枚はあると安心だと思います









posted by Alice at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活 準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外生活 準備 お医者さん

長期で海外生活する前に、
日本でかかりつけのお医者さんにいっておくと安心です。


長期で海外に行く前に、かかりつけのお医者さん(私の場合は歯医者さん!)でチェック★

私は口とか顎が小さめなのもありますけど、

日本人の先生の器用さとか、手の小ささが、必要で・・。


もちろん海外にも良い先生はいらっしゃると思うのですが、

探し当てるまで時間がかかる可能性があります。


ちなみに日本人の知人から紹介して頂いた、

腕の良いと言われているドイツ人の先生に

奥の歯の詰め物が取れてしまって見て頂いた事があります。


一番奥だったこともあり、せいいっぱい大口あけてるつもりなのに、

もっとあけて〜 って言われて、

え、無理です〜

とジェスチャーで必死に伝えて、

お互い途中で休憩したこともありました ・・。

ちなみに・・先生を悪くいうつもりはないのですが、

その詰め物たった一年後にとれてしまってややトラウマです。。


でもさすがに一年後だったので無料で治して下さいました。

がっ!

また一年後に取れちゃったんです 涙。(お魚食べてる時・・)


ちょうど日本に居た時だったので、

いつもの先生に治して頂いて以来、安泰です、よかった☆



歯のクリーニング

フランス(パリ)では一度だけして頂いた事がありますが、

ものすご〜く、簡単!早い!多分、10〜20分位。

「きれいだし、全く問題ない」と、

ほぼ機械での研磨だけで、最後のフロスはなしでした。

正直もう少し念入りにして頂きたかった。。


アメリカ(オレゴン州)では、日本人の先生がクリーニングをして下さったのですが、

ものすごく念入りでした。それも基本は6ヶ月おきだそうです。


お国に寄って違いますねぇ。


私は日本のクリーニング方式がちょうどいいかな〜


と言うわけで、日本ではかかりつけのお医者さん、特に歯のチェックをお勧めします♪



ラベル:準備
posted by Alice at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活 準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。